【日本人と日本文化】日本の国体

富士山と令和

「高校生のためのおもしろ歴史教室」というウェブサイトを大変興味深く読ませていただいております。とても勉強になります。今日は「日本の国体」という項から一部をご紹介させていただきます。

日本の国体とは

国体の護持を条件にポツダム宣言を受諾し、昭和20年8月15日大東亜戦争は終結しました。この国体ということは、日本の国柄、国家の体制を意味しています。この国体を変えないということを条件に日本は矛をおさめました。

大日本帝国憲法(明治憲法)と日本国憲法

一般に大日本帝国憲法(明治憲法)と日本国憲法は、対比される存在です。日本は、天皇主権の国から、国民主権の国に大きく換わったと一般に理解されています。さて、日本国憲法においては、第1条に「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」であるとされています。元首という言葉は使っていませんが、実質上の国家元首が天皇です。憲法の規定にもとづき内閣総理大臣を任命し国会を召集するのも天皇です。一方、大日本帝国憲法においても、天皇主権を規定していましたが、第4条には「天皇ハ国ノ元首二シテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規二依リ之ヲ行フ」とあり、憲法の規定を遵守することになっていました。・・・ 大日本帝国憲法下の天皇は、一般に誤解されているように、国政を恣(ほしいまま)にした専制君主ではありませんでした。

天皇の存在

つまり日本の国体は、神武天皇以来、天皇を元首とする国家ということになります。この天皇の存在が日本の特徴であり、日本のアイデンティティであります。日本国憲法でいみじくも取り上げられている「日本国民統合の象徴」であるということです。日本の伝統も、文化も、「和をもって貴しとなす」という世界に比類無い平和の精神も、天皇の存在なくしてはあり得ないことです。世界中からうらやましがられる存在で有るにもかかわらず、この伝統の重みを日本人のみが気づいてないように見えます。これでは日本国家の崩壊しかない。天皇の存在の重要性を再認識しなければならないと考えます。 

「天皇―最高の危機管理機構」佐々淳行著 より

わが日本民族は、一世紀に一回ぐらいの割合で起こる国難に直面するたびに、救国の危機管理機構=天皇によって危機を乗り越えてきた。平時、わが国では、天皇を「権威」としていただいている。しかし、一旦緩急あって非常事態に直面すると、時の政権は、天皇に「権力」をのっていただいて事態を収集してきた。そして、体制が安定すると、また権威に戻っていただく形を繰り返してきた。代々、天皇は神道においては天と国民を結ぶ仲保者・祭祀長という立場を締めてこられたのである。 ・・・ 昭和天皇の御聖断がなければ、戦争は終わらなかっただろう。・・・一部、様々な事情によりゲリラ化して抗戦した将兵もいたが、大多数は、天皇陛下の終戦の詔に従って黙って武器を置いた。これは奇跡以外の何物でもない。 (サイトからの引用は以上です。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は古代イスラエル系渡来人によって日本にもたらされた日本の歴史、文化、伝統、国家、国民性のルーツです。天皇は聖書に記された大祭司の役割を担っているように思います。キリスト教の教典としてではなく、日本人として聖書を開く時、そこに古くて新しい発見があることでしょう。

新約聖書 使徒行伝 9章32~35節

ペテロは方々をめぐり歩いたが、ルダに住む聖徒たちのところへも下って行った。そして、そこで、八年間も床についているアイネヤという人に会った。この人は中風であった。

ペテロが彼に言った、「アイネヤよ、イエス・キリストがあなたをいやして下さるのだ。起きなさい。そして床を取りあげなさい」。すると、彼はただちに起きあがった。ルダとサロンに住む人たちは、みなそれを見て、主に帰依した。

ルダに住む聖徒たち

自己中心、人間中心を退け、神に立ち帰り、神の御心を求めて生きる神の国というイエスの教えを受け入れたペテロや弟子たちでしたが、何かこのあたりから、それが一つの宗教団体のようになっていたのかもしれません。ルダとはエルサレム北東の町のようですが、ここでは「弟子」ではなく、「聖徒」という言葉が使われています。この宗教的なグループに所属するメンバーという意識があったのでしょうか。また、「主に帰依した」という表現もあり、単にイエスの教えを受け入れたということではなく、この新しい宗教に入信したというような印象を受けます。いずれにしても、大切なことは、何かの宗教団体のメンバーになることではなく、イエスの教えを正しく受け止めることだと思います。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA