【日本とイスラエル】八幡神社はヤハウェ神社だった(3)

八幡神社は聖書の神「ヤハウェ」を祀る神社であった。久保有政氏のYouTube「八幡神社はヤハウェ神社だった」からご紹介しています。 今日はその(3)です。

応神天皇

今日、宇佐八幡宮では、「八幡大神」として応神天皇が祀られている。しかし昔は、応神天皇を祀っていたのではなく、「応神天皇が拝んでいたもの」を祀っていたに違いない。秦氏の信じていた聖書の神アメノミナカヌシ=ヤハウェを祀っていたに違いない。

応神天皇が拝んでいたもの

応神天皇とは、秦氏一族が日本に渡来したとき、秦氏を迎えてくれた天皇である。応神天皇は、秦氏から親しく話を聞き、秦氏の信仰にもふれて、秦氏と同様の信仰を持つにいたったものと思われる。つまり、「応神天皇が拝んでいたもの」とは、「アメノミナカヌシ」すなわちヤハウェ神であろう。八幡神と応神天皇の習合は、じつは後世に起きたものなのである。

お神輿

ところで宇佐八幡は、お神輿の発明者でもある。749年に、宇佐八幡神のお神輿が上京したとあるのが、記録上の初見だ。お神輿は、古代イスラエルの「契約の箱」に似ている。これも秦氏による古代イスラエル的発想だろう。

またヤハタ神社では古来、鳩は八幡神の「使い」、また「神変」(神の霊妙な変化)と考えられ、神聖視されてきた。これは聖書において、鳩が神の霊である「聖霊」のシンボルとされて、一種の「神変」であることによく似ている。(次回に続く)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は日本の文化、伝統、習慣、国民性のルーツです。キリスト教の教典としてではなく、日本人の心の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 創世記 10章1~5節

ノアの子セム、ハム、ヤペテの系図は次のとおりである。洪水の後、彼らに子が生れた。ヤペテの子孫はゴメル、マゴグ、マダイ、ヤワン、トバル、メセク、テラスであった。

ゴメルの子孫はアシケナズ、リパテ、トガルマ。ヤワンの子孫はエリシャ、タルシシ、キッテム、ドダニムであった。これらから海沿いの地の国民が分れて、おのおのその土地におり、その言語にしたがい、その氏族にしたがって、その国々に住んだ。

ヤペテの子孫

箱舟に入らなかった人も動物も皆絶滅してしまいましたので、人類はノアの3人の子、セム、ハム、ヤペテから増え広がったと聖書には記されています。ここにはセム、ハム、ヤペテの子孫の系図が記されています。ヤペテの子孫は海沿いの地に分かれて住み、やがて、その土地、言語、氏族にしたがって、その子孫は、それぞれの国民となっていったことが記されています。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA