【日本とイスラエル】稲荷神社はイエス・キリスト神社だった(2)

伏見稲荷のキツネ

「稲荷神社はイエス・キリスト神社だった」久保有政氏のYouTube解説から何回かに分けてご紹介いたします。 今日はその(2)です。

平田篤胤

大神道家・平田篤胤は、「天御中主神」(大元神)は、はじめなく終わりもなく、天上にあって天地万物を生じる徳を持ち、万有を主宰していると説いた。これは聖書の神と同様の性格である。

渡辺重石丸

また彼の弟子・渡辺重石丸は、その著書の中で「天御中主神」は聖書のいう神ヤハウェと同一だと唱えた。

吉田兼俱

大神道家の吉田兼俱(15~16世紀)も、古来の純粋な神道は、天地の根元なる神、無始無終、常住恒存、また絶対なる唯一神に発するものだとした。その神が本来、日本人の信じてきた根源神だったのである。

秦氏がつくった稲荷神社

稲荷神社は、古代の有名な渡来人一族「秦氏」が創建したものである。・・・秦氏が日本に渡来して来たとき、神道はすでに日本にあった。秦氏はその神道を発展させ、さらにそこにキリスト教的(新約聖書的?)要素を加え、そのような神社を、全国津々浦々につくっていった。その代表的なものが、稲荷神社だったのである。

稲荷神社とキツネ

ふつう神社の狛犬は獅子(ライオン)だが、稲荷神社の狛犬はキツネである。・・・しかし稲荷神社とキツネは本来、無関係である。のちに仏教系の稲荷信仰――ダキニ信仰(茶枳尼天)が習合し、稲荷神社にキツネが置かれるようになった。(次回に続く)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の教典としてではなく、日本人の心の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 創世記 11章1~9節

全地は同じ発音、同じ言葉であった。時に人々は東に移り、シナルの地に平野を得て、そこに住んだ。彼らは互に言った、「さあ、れんがを造って、よく焼こう」。こうして彼らは石の代りに、れんがを得、しっくいの代りに、アスファルトを得た。

彼らはまた言った、「さあ、町と塔とを建てて、その頂を天に届かせよう。そしてわれわれは名を上げて、全地のおもてに散るのを免れよう」。

時に主は下って、人の子たちの建てる町と塔とを見て、言われた、「民は一つで、みな同じ言葉である。彼らはすでにこの事をしはじめた。彼らがしようとする事は、もはや何事もとどめ得ないであろう。さあ、われわれは下って行って、そこで彼らの言葉を乱し、互に言葉が通じないようにしよう」。

こうして主が彼らをそこから全地のおもてに散らされたので、彼らは町を建てるのをやめた。これによってその町の名はバベルと呼ばれた。主がそこで全地の言葉を乱されたからである。主はそこから彼らを全地のおもてに散らされた。

全地は同じ発音、同じ言葉であった

ノアの3人の子供たちは、その血統にしたがい、その言葉にしたがって、それぞれ別々の土地に住み、増え広がっていったように思っていましたが、ここには同じ発音、同じ言葉だったと明確に記されています。それは人々が一致し、協力し、発展するために大変有益であったことが分かります。人類は様々な工夫を凝らし、文明は発展していったことでしょう。

その頂を天に届かせよう

文明を発展させること自体はとても良いことだと思います。しかし、天に届かせようという考えは明らかに神の御心を逸脱し、人間中心になってしまったことを思います。神を中心にし、神の喜びのために、創意工夫することは大切なことですが、神を超えて、人間が神のようになろうとすることは慎まなければなりません。それが罪であり、人類に破滅をもたらします。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA