【日本とイスラエル】秦氏のルーツ(1)

秦氏とは誰なのか?

日本と古代イスラエル人との関連について、久保有政氏のYouTube動画解説「秦氏のルーツ:古代イスラエル、東方基督教との関係」からご紹介いたします。

秦氏

秦氏は、今から約1700年前、中国や朝鮮半島を経由して3~4世紀の古代日本に大挙渡ってきた、渡来人一族である。彼ら秦氏一族は、天皇家に忠実に仕え、古代日本の神道にも大きな影響を与えた。

聖徳太子、神道との関係

聖徳太子の側近として仕えたのも、秦氏であった。八幡神社や稲荷神社など、全国の神社の多くをつくったのも、秦氏である。伊勢神宮などにも秦氏が深くかかわっている。また秦氏は、平安京の造営に圧倒的な力を発揮するなど、日本の文化や伝統をつくった中心的豪族であった。こうしたことは、日本書紀や新撰姓氏録などにも記されている。

古代イスラエル、古代東方基督教との関係

多くの研究家は、秦氏はもともと古代イスラエル人であり、大陸で古代東方キリスト教に改宗し、そののち日本に渡来した人々であると考えている。ここで、秦氏のルーツについて探ってみよう。

古代イスラエル人とは

はじめに「古代イスラエル人」とは何か。古代イスラエル人は紀元前10世紀には、ダビデ王やソロモン王のもとで中近東最大の王国をつくっていた。しかしソロモン王の死後、王国は二つに分裂。南ユダ王国と、北イスラエルとなった。

ユダヤ人とは

もともと古代イスラエル人は12部族から成る人々だったが、北イスラエル王国にはそのうちの10部族がつき、南ユダ王国には、残りの部族がついた。いわゆる「ユダヤ人」とは、南ユダ王国の子孫である。

失われたイスラエル10部族

一方、北イスラエル王国の10部族は紀元前721年に、当時強大な帝国であったアッシリア帝国によって侵略され、アッシリア捕囚というものを経験する。そののち故国に帰ることができず、世界に離散した。彼らは「失われたイスラエルの10部族」の名で呼ばれることもある。(久保有政氏の解説からの引用は次回に続きます。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は、古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の教典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 創世記 25章19~26節

アブラハムの子イサクの系図は次のとおりである。アブラハムの子はイサクであって、イサクは四十歳の時、パダンアラムのアラムびとベトエルの娘で、アラムびとラバンの妹リベカを妻にめとった。

イサクは妻が子を産まなかったので、妻のために主に祈り願った。主はその願いを聞かれ、妻リベカはみごもった。ところがその子らが胎内で押し合ったので、リベカは言った、「こんなことでは、わたしはどうなるでしょう」。

彼女は行って主に尋ねた。主は彼女に言われた、「二つの国民があなたの胎内にあり、二つの民があなたの腹から別れて出る。一つの民は他の民よりも強く、兄は弟に仕えるであろう」。

彼女の出産の日がきたとき、胎内にはふたごがあった。さきに出たのは赤くて全身毛ごろものようであった。それで名をエサウと名づけた。その後に弟が出た。その手はエサウのかかとをつかんでいた。それで名をヤコブと名づけた。リベカが彼らを産んだ時、イサクは六十歳であった。

エサウとヤコブの誕生

エサウとヤコブが産まれた時、イサクは六十歳でした。四十歳の時に結婚したとありますので、二十年間、子がなかったことが分かります。イサクは神に祈り、神はその願いを聞いて、子を授けてくれました。また、その子がリベカの胎内で押し合った時、リベカは神に尋ねました。その祈りに神が答えたことが記されています。イサクもリベカも神に求め、神に尋ね、神を中心にして生活していたことが分かります。このヤコブがやがてイスラエルと呼ばれるようになります。これがイスラエル民族のルーツです。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA