【日本とイスラエル】琉球地方に伝わる「蛇と女」の話

アダムとエバと蛇

日本と古代イスラエル/古代ユダヤの類似について、久保有政氏のYouTube動画解説「日本のルーツとユダヤ3・日本にもあったエデンの園伝説/中近東にもあった「ヤマト」」からご紹介いたします。

男は肋骨が1本足りない

・・・琉球地方には、「蛇と女」にまつわる話が多い。しかもその筋書きは決まって「蛇が女を惑わした物語」だ。(旧約聖書)創世記のエデンの園の話においても、サタン(悪魔)が蛇に乗り移ってエバを惑わし、罪を犯させている。また、沖縄(とくに那覇方面)の人がよく使う言葉に、「イキガヤ・ソーキブニーヌ・ティーチタラーン」というのがある。・・・これは・・・「男は肋骨が1本足りない」の意味である。沖縄の人なら、誰でもこの言葉を知っている。たとえば、沖縄の人が「男は女にかかると愚かになる」といった内容のことを言いたいとき、「男は肋骨が1本足りないからさ」と言うのである。・・・

エバはアダムから造られた

(旧約聖書)創世記によれば、アダムが神によって深い眠りに入れられたとき、アダムの肋骨が1本取られて、その骨をもとにエバが造られた。のちに、そのエバに誘われて、アダムも一緒に罪を犯してしまう。このように、聖書の創世記の話がもとになり、この肋骨の話が言われるようになったとしか考えられない。(久保有政氏の解説からの引用は次回に続きます。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は、古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の経典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 創世記 50章22~26節

50:22このようにしてヨセフは父の家族と共にエジプトに住んだ。そしてヨセフは百十年生きながらえた。 50:23ヨセフはエフライムの三代の子孫を見た。マナセの子マキルの子らも生れてヨセフのひざの上に置かれた。 

50:24ヨセフは兄弟たちに言った、「わたしはやがて死にます。神は必ずあなたがたを顧みて、この国から連れ出し、アブラハム、イサク、ヤコブに誓われた地に導き上られるでしょう」。 

50:25さらにヨセフは、「神は必ずあなたがたを顧みられる。その時、あなたがたはわたしの骨をここから携え上りなさい」と言ってイスラエルの子らに誓わせた。 50:26こうしてヨセフは百十歳で死んだ。彼らはこれに薬を塗り、棺に納めて、エジプトに置いた。

神は必ずあなたがたを顧みられる

ヨセフは兄弟たちとその子供たちに、エジプトに滞在しているのは、この飢饉の間の一時的な避難であり、定住の地ではなく、イスラエル民族は必ずカナンの地に帰ると告げます。その時には、ヨセフ自身の骨もエジプトからカナンに持ち帰るようにと言います。エジプトの地で、神から目を離してしまうのではなく、常に神に目を留め、神の計画を覚え、神を中心にして生きるようにと、ヨセフは死を直前にして、その兄弟たち、子供たちに語ったのでしょう。神に目を留めましょう。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

動画配信もしています

YouTubeで動画配信もしています。「古代史に見る日本人とユダヤ人の不思議な関係」全9回の予定です。第7回「大避神社・ユダヤ系渡来人秦氏の謎」まで配信しました。ぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もお願いいたします。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA