【日本とイスラエル】人種平等の実現

人種平等

人種平等を世界で最初に訴えたのは日本なのです。聖書の教えである人種平等が、なぜ日本人の間に脈々と流れてきたのか。そのルーツは日本と古代イスラエルの関係にさかのぼることができます。久保有政氏のYouTube動画「人種平等を世界に実現した日本:日本精神と聖書3」からご紹介いたします。

祖国防衛とアジアの解放

戦争というのは、外交上の策が尽きたときの最終手段です。当時の日本人は、外交上、平和的な解決を最後まで追求しましたが、万策尽きて、「座して死すより、戦って死すべし」の心境のもと、開戦に踏み切ったのです。戦争ですから、連合軍側にも、日本側にも、多くの醜いことや、きたないこともありました。しかし、食うか食われるかというあの弱肉強食の世界の中で、日本は必死になって祖国防衛と、アジア解放を目指して戦ったのです。

目的は果たした

日本は結局、ボロボロになって敗れました。しかし祖国防衛と、アジア解放という戦争目的は、果したのです。というのは日本という国も、天皇も存続しました。西欧諸国の植民地となっていたアジア諸国も、日本の遺産と独立の意志を受け継いで、戦後次々に独立していくことができました。アフリカ諸国も独立していくことができました。

国連憲章の「人種平等」

さらに、第2次世界大戦後につくられた国際連合憲章には、「人種平等」という言葉がついに入れられたのです。かつて第2次世界大戦前の国際連盟のときは入れられなかった「人種平等」が、初めて入れられたのです。日本が戦ったことで、アジアやアフリカにおける西欧の植民地体制が崩壊しました。そして有色人種国家も平等の地位を得たのです。

本当に勝ったのは日本だった

白人もついに、有色人種を対等の人間として認めざるを得なくなりました。こうして、日本は戦闘には負けたものの、戦争目的は果たしたわけです。ですからP.F.ドラッカーなどの思想家は、「あの戦争で本当に勝ったのは日本だった」とさえ述べています。聖書が述べる「人種平等」の教えを世界に実現するうえで、最も中心的な役割を果たしたのは、日本だったのです。そこには、日本に対する神の深い御愛があったとしか思えません。(久保有政氏の解説からの引用は次回に続きます。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は、古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の経典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 出エジプト記 10章21~29節

10:21主はまたモーセに言われた、「天にむかってあなたの手をさし伸べ、エジプトの国に、くらやみをこさせなさい。そのくらやみは、さわれるほどである」。 10:22モーセが天にむかって手をさし伸べたので、濃いくらやみは、エジプト全国に臨み三日に及んだ。 10:23三日の間、人々は互に見ることもできず、まただれもその所から立つ者もなかった。しかし、イスラエルの人々には、みな、その住む所に光があった。 

10:24そこでパロはモーセを召して言った、「あなたがたは行って主に仕えなさい。あなたがたの子供も連れて行ってもよろしい。ただ、あなたがたの羊と牛は残して置きなさい」。 

10:25しかし、モーセは言った、「あなたは、また、わたしたちの神、主にささげる犠牲と燔祭の物をも、わたしたちにくださらなければなりません。 10:26わたしたちは家畜も連れて行きます。ひずめ一つも残しません。わたしたちは、そのうちから取って、わたしたちの神、主に仕えねばなりません。またわたしたちは、その場所に行くまでは、何をもって、主に仕えるべきかを知らないからです」。

 10:27けれども、主がパロの心をかたくなにされたので、パロは彼らを去らせようとしなかった。 10:28それでパロはモーセに言った、「わたしの所から去りなさい。心して、わたしの顔は二度と見てはならない。わたしの顔を見る日には、あなたの命はないであろう」。 10:29モーセは言った、「よくぞ仰せられました。わたしは、二度と、あなたの顔を見ないでしょう」。

二度と、あなたの顔を見ないでしょう

もうこのような災いが何度エジプトの上に臨んだことでしょう。今回は警告もなくエジプトの上に闇が下りました。パロはそれでもまた条件をつけ、全面的に神に従おうとはしませんでした。神に従うことは条件付きではいけません。少しだけ神を中心にするということはあり得ません。中心は一つしかありません。そこに神を据えないのであれば、相変わらず自分が中心にいるのです。中心を神に明け渡さなければいけません。それが神を中心にすることです。パロは自分の思い通りにならないのでイライラし、二度と顔を見せるなとモーセに言います。それはパロが言う言葉ではなく、神が言う言葉であるにも関わらず、パロはそのことも分かりません。神が中心でないからです。自己中心、人間中心を退けて、神を中心にした時に、初めて自分は何をしているのかを理解することができるようになります。神を中心にしましょう。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

動画配信もしています

YouTubeで動画配信もしています。「古代史に見る日本人とユダヤ人の不思議な関係」全9回です。すでに最終回の第9回「沖縄本島・宮古島に残るユダヤ文化(パートⅡ)」まで配信しました。ぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もお願いいたします。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA