日本全国ご意見をお伺いする旅(その1)

考える人

2016年1月に「日本人の信仰と聖書について考える」を立ち上げて、3年が過ぎ、4年目に入りました。ご支援くださる皆様に心から感謝申し上げます。

これでいいのかな?

この3年間、ブログにホームページ、そして著書を2冊出版、そうそう3ヶ月に一回くらいのペースですが、タピオ大学での講演、そしてパンフレット各戸配布とやって来ましたが、これでいいのかな?という思いもあります。

なぜだろう?

私としては「これでいいのだ!」という確信というか、満足感というか、達成感みたいなものがあれば、それがモチベーションになるだろうと思うのですが、なんとなくモチベーションが上がらないなあという感じがしています。なぜだろう?

これまでのやり方

振り返ってみると、これまで私は、あまり目標とか立てて、それを達成することをモチベーションにしたりしてきませんでした。もちろん、日々のやることリストを書いて、それを一つ一つ消化して、仕事を進めたりすることはありますが、大きな目標を立てて、それに向けてというより、心に示されるところに従って、今、やるべきことをやる。それが将来どのようになって行くのか、また、どうなったら良いのかということはあまり考えないできたら、ここまで来たという、そんなやり方でやってきたように思います。

目的?目標?評価?

でも、今、そんなやり方で、この先も続けることに、迷いというか、もう少し手応えのようなものを求めているのでしょうか?やっぱり目的とか、目標などを明確にして、確実に、着実に進め、進み方を評価しながら進めることも大切なのかもしれない!そんなことを考えておりました。

このミニストリーでも?

まあ、それはビジネスでは当然のことですし、実際、仕事においては私もそのような指導をしているので、その方法をこのミニストリーにも活用したら良いのかなと思った次第です。

まず目的

そこで、まず何のためにこのミニストリーをやるのか、つまり目的は何か、それを明確にするところから始めたいと思いますが、この続きは次回のブログで書きたいと思います。今日はタイトルの「日本全国ご意見をお伺いする旅」まで行きませんでしたが、結論はそういうことになります。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA