【日本近現代史】大東亜戦争

零戦

今日は「高校生のためのおもしろ歴史教室」というサイトの「大東亜戦争」という項から一部をご紹介いたします。

欧米の植民地支配の打倒

「大東亜戦争」の名称は、1941年12月8日の真珠湾攻撃のあと、「支那事変ヲモ含メ大東亜戦争ト呼称ス」と日本が命名しました。「自存自衛」も戦争の目的であると表明することも検討されたようですが、戦争の目的は「アジア諸国における欧米の植民地支配の打倒を目指すものである」とシンプルに規定されました。「アジア諸国における欧米の植民地支配の打倒」については、明治維新以来の日本の国防方針でした。

日本の独立を守る

江戸時代末の吉田松陰は「幽囚録」で「欧米の諸国からアジア諸国が植民地にされている中で日本が独立を維持するためには、日本は、朝鮮や中国、フィリピンなどを共栄圏として日本を守らなければならない」と主張しました。「特にロシアの南下政策を封じ込めなければならない」と主張しました。明治維新以来の日本防衛の基本方針です。

自存自衛

「自存自衛」という目的も真実です。大東亜戦争を裁いた東京裁判の東条英機の宣誓供述書で「自衛戦争」であったと述べました。自衛のために大東亜戦争を行うことにより、窮鼠猫を噛み、返り討ちに遭いました。

太平洋戦争と大東亜戦争

「太平洋戦争」は、「大東亜戦争」が侵略戦争であるということにするためのアメリカつまりGHQの命名です。GHQは1945年12月になり満州事変から太平洋戦争までを連続したものとみなし、日本の侵略と残虐行為を捏造した宣伝文書「太平洋戦争史−真実なき軍国日本の崩壊」を各新聞は連載させ、「大東亜戦争」の名称の使用を禁止しました。

War Guilt Information Program

1945年8月14日にポツダム宣言の受諾により、翌15日に終戦となりました。武力闘争が終わりましたが、それで戦争がおわったのではありません。1952年4月28日にサンフランシスコ講和条約が発効するまで日本の文化を破壊する精神的な戦争は終わっていませんでした。武力闘争終了の昭和20年8月15日から6年8カ月の間に日本国民は完全に洗脳されてしまいました。「War Guilt Information Program」です。(サイトからの引用は以上です。)

白い太平洋と黄色い大東亜

アメリカは「白い太平洋」(太平洋を白人の海にする構想)のために戦い、日本は「黄色い大東亜共栄圏」のために戦った。だから、アメリカにとっては「太平洋戦争」であり、日本にとってはどこまでも「大東亜戦争」であったと林房雄著「大東亜戦争肯定論」にあります。共に百年の歳月を通じて戦い、アメリカは勝利し日本は敗北したが、両者の「理想」は共に実現されず、太平洋もアジアもそれぞれの民族の手に返却された奇妙な戦争であったと結ばれています。この戦争は何だったのかということを正しく理解する必要があると思います。そして、大切なことは、さて、これからどうするかということではないでしょうか。

私たちの指針

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は日本の文化、伝統、習慣、国民性のルーツです。キリスト教の教典としてではなく、日本人として聖書を開く時、そこに日本人のアイデンティティーとこれからの指針を見ることができるのではないでしょうか。

新約聖書 使徒行伝 13章26~31節

兄弟たち、アブラハムの子孫のかたがた、ならびに皆さんの中の神を敬う人たちよ。この救の言葉はわたしたちに送られたのである。エルサレムに住む人々やその指導者たちは、イエスを認めずに刑に処し、それによって、安息日ごとに読む預言者の言葉が成就した。

また、なんら死に当る理由が見いだせなかったのに、ピラトに強要してイエスを殺してしまった。そして、イエスについて書いてあることを、皆なし遂げてから、人々はイエスを木から取りおろして墓に葬った。

しかし、神はイエスを死人の中から、よみがえらせたのである。イエスは、ガリラヤからエルサレムへ一緒に上った人たちに、幾日ものあいだ現れ、そして、彼らは今や、人々に対してイエスの証人となっている。

救の言葉

ピシデヤのアンテオケで語ったパウロの言葉の続きです。「この救の言葉」とは、これから話すイエスのよみがえりのことではないかと思います。これは「わたしたち」、つまりユダヤ人であるわたしたちに、まず送られたということでしょう。にもかかわらず、ユダヤ教の指導者たちはイエスを聖書に預言された救主とは認めずに、十字架につけてしまったが、そのことも旧約聖書に預言されていた通りだったということを言っているのだと思います。

イエスのよみがえり

本当にイエスは十字架につけられて死んだのに、よみがえったのでしょうか。そんなことが本当にあるのでしょうか。人間的には考えられないことだと思います。しかし、神を中心にするならどうでしょうか。神にはできないことでしょうか。自己中心、人間中心を退けて、神に立ち帰り、神を中心にして生きるとは、そういうことだと思います。それは単に神の前に正しく生きるということ以上のことです。人間の限界を超えて、神に期待することです。たとえ人間的には絶望的に思えることであったとしても、神にあって希望を持つことができるということだと思います。これが本来の日本人の力であったと思います。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA