【特別寄稿】古代ユダヤ系渡来人ゆかりの地を訪ねる旅(第1日目)

まーぶる
2017年7月30日(日)

昨日から約2週間の予定で「古代ユダヤ系渡来人ゆかりの地を訪ねる旅」に妻と二人で出発しました。この2週間はいつものテーマではなく、この旅行のレポートを毎日お送りいたします。どうぞ私たちと一緒に旅行を楽しんでいただければ幸いです。

2600キロを超える旅行

今回の訪問先は、石川県にあるモーゼパーク、京都府北にある元伊勢籠神社、島根県の出雲大社、四国は徳島にある剣山、本州に戻って赤穂市にある大避神社、京都の秦氏に関連する場所、伊勢神宮、そして諏訪大社を予定しています。全行程2600キロメートルを超えるのではないかと思います。

11:24 自宅を出発

車の内部

この車で家内と寝泊りをしながら2週の旅行をします。レジアスエースのキャンピングカーですが、もう10年乗ってます。バンクベッドもついています。子供達が小さかった時は、この車に家族5人で寝たものです。今は妻と二人だけです。

車内に設置した電子レンジ

今回の旅行のために電子レンジを購入しました。置く場所がないので、後ろに置きましたが、分かりますか?これで温かい食事ができます。

愛犬まーぶる

妻は愛犬の「まーぶる」と2週間お別れするのが寂しいようです。これまでの旅行では一緒に連れて行ったのですが、今回は神社などを巡るので、まさか車内に置いて行く訳にはいかないということで、断念しました。本当は犬を連れて行くと、道の駅などで色々な人が声をかけて来てお話しするきっかけになるのでいいんですけどね。

13:30 山形県上山市でお昼

上山市ヨークベニマル本当は山形そばかなんかで旅を始めたかったのですが、残念ながらうまいタイミングでそば屋が見つからず、上山市のヨークベニマルでお昼になってしまいました。

 

17:30 新潟市に到着 20:00 道の駅「新潟ふるさと村」到着

スーパーハラシン家内の母が新潟にいるのですが、27日にちょっとした手術をして1週間ほど入院しているので、お見舞いに寄りました。もう遅くなってしまったので今晩は新潟に泊まることにしました。近くのスーパー「ハラシン」で夕食と翌日の朝食を買って、道の駅「新潟ふるさと村」にやって来ました。

 

新潟ふるさと村「新潟ふるさと村」の駐車場はかなり広いですね。全体を見渡すと、今晩泊まると思われる車が結構いますが、近くにはちらほらという感じです。大きなトイレもあります。施設としてはかなり大きいですね。大きなレストランや売店もありますが、17:00には閉まってしまうようで、20:00に到着した時には、もう真っ暗でした。車内でゆっくりと夕飯を食べて、もう寝ることにしました。

23:00 就寝

今日は石川県のモーゼパークを目指します。その様子はまた明日のブログでお伝えいたします。それではお楽しみに。

いかがでしたか

お楽しみいただけましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

本を出版しました

本の表紙Amazonから電子書籍「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しました。このブログでお伝えしている概要を1冊に収めました。ぜひ、お読みください。詳しくはこちらをご覧ください。

電子書籍を読む方法

Amazon電子書籍は専用端末Kindleだけでなく、Kindleアプリ(無料)をダウンロードすることで、パソコンでもスマホでもIPadでもお読みいただけます。無料アプリをダウンロードしてから、「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を購入してお読みください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA