【日本とイスラエル】供え物と禊ぎ(11)忌みの期間

喪中はがき

日本と古代イスラエル人との関連について、久保有政氏のYouTube動画解説「神道のルーツとユダヤ3:供え物と禊ぎ」からご紹介いたします。

忌みの期間

私(久保有政氏)は以前、仏教のお坊さんに、神道の「死を穢れ」とみる風習についてどう思うかと聞いてみたことがある。すると「迷信だ」と言われてしまった。仏教からすればこれは「迷信」だが、神道の考え方からすれば、迷信ではなく、古くからの伝統であり、日本人の宗教文化である。

「穢れ」の観念

仏教徒だけでなく、欧米人にも、このような「穢れ」の観念はない。以前、私(久保有政氏)は、あるアメリカ人に日本神道の穢れの観念を説明したが、彼も「どうもぴんとこない」という。それで、「君は聖書を読んでいるじゃないか。旧約聖書に、いろいろ汚れのことが書いてあるだろう。神道の穢れの観念はそれと同じだよ」と説明した。しかしそれでも「ぴんとこない」という。「旧約聖書の穢れの観念は、われわれアメリカ人にはよくわからないんだ」との答えであった。

日本人には分かる

しかし、日本人にはわかるのである。神道でいう「穢れ」は、不潔の意味ではなく、宗教的、儀式的な穢れである。こうした日本神道の死者の穢れの考え方は、古代イスラエルにあったものと全く同じなのだ。「どのような人の死体にでも触れる者は、七日間穢れる」(旧約聖書民数記19章11節)と旧約聖書に記されている。

日本神道と古代イスラエルの風習

日本神道でも同様に、家族に死人が出たときや、親族に死人が出たとき、一定期間「穢れている」とみなされている。この期間、人は神社に参拝することもできない。古代イスラエルでも、穢れの期間にある人は神殿に来ることを許されなかった。聖書には、古代イスラエル人はモーセとアロンの死の際に「30日間」泣き悲しみ、喪に服したと記されている(旧約聖書申命記34章8節、民数記20章29節)。

興味深い一致

一方、10世紀に日本でつくられた『延喜式』によると、穢れにふれて神事にたずさわってはいけない忌みの日数を、人の死ならば「30日」と定めている。興味深い一致だ。・・・このように死体の穢れに関する日本神道の考えと、古代イスラエルの風習はたいへんよく似ているのだ。(久保有政氏の解説からの引用は次回に続きます。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は、古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の経典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 創世記 37章5~11節

ある時、ヨセフは夢を見て、それを兄弟たちに話したので、彼らは、ますます彼を憎んだ。ヨセフは彼らに言った、「どうぞわたしが見た夢を聞いてください。わたしたちが畑の中で束を結わえていたとき、わたしの束が起きて立つと、あなたがたの束がまわりにきて、わたしの束を拝みました」。

すると兄弟たちは彼に向かって、「あなたはほんとうにわたしたちの王になるのか。あなたは実際わたしたちを治めるのか」と言って、彼の夢とその言葉のゆえにますます彼を憎んだ。

ヨセフはまた一つの夢を見て、それを兄弟たちに語って言った、「わたしはまた夢を見ました。日と月と十一の星とがわたしを拝みました」。彼はこれを父と兄弟たちに語ったので、父は彼をとがめて言った、「あなたが見たその夢はどういうのか。ほんとうにわたしとあなたの母と、兄弟たちとが行って地に伏し、あなたを拝むのか」。

兄弟たちは彼をねたんだ。しかし父はこの言葉を心にとめた。

ヨセフの夢

ヨセフは無邪気なのか。見た夢の内容を考えずに、そのままを兄たち、父、母に話したのでしょうか。兄たちがますますヨセフを憎むようになったとしても不思議ではないように思います。確かにこのような夢を見たとしても、兄たちへの配慮で黙っていても良かったのではないでしょうか。ヨセフを特にかわいがっている父ヤコブでさえ、面食らったようです。しかし父はこの言葉を心にとめたと記されています。この夢は神から来ているものかもしれないと思ったのではないでしょうか。人間中心、自己中心に物事を見るのではなく、神を中心に見ることが大切です。もしかしたら、神様からのメッセージをヨセフは聞いているのかもしれません。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

動画配信もしています

YouTubeで動画配信もしています。「古代史に見る日本人とユダヤ人の不思議な関係」全9回の予定です。すでに第4回「伊勢神宮に隠された謎!京都太秦と秦氏!」まで配信しました。ぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もお願いいたします。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA