【日本とイスラエル】罪と清めの観念

ひとがた

古代イスラエル人と日本との関連について、久保有政氏のYouTube動画解説「神道のルーツとユダヤ4:穢れ、罪の観念、清潔等について」からご紹介いたします。

ひとがた(前回の続き)

日本では民間でも、古来、神社の神官が、「ひとがた」(人形)といって人の形に切った紙に人々の罪穢れを託し、それを川や海に流すということをしてきた。「ひとがた」に身をこすりつけて、罪を移し、それを水に流すのだ。

罪の処分

このように古代の日本人は、罪の処分をきちんとしなければ新しい年を迎え得ないと思った。そしてその仕方は、何かのものに罪を託し、それを遠くに追いやるというものであった。日本には、「流しびな」の風習もある。ひな人形に人々の罪を託し、それを川や海に流して、遠くに追いやるのである。「流しびな」は一種の身代わりなのだ。「流しびな」も、「ひとがた」と同じ観念から来ている。

ひな祭

「ひな祭」のときの「ひな人形」も、もとは「ひとがた」であり、体をなでて身の穢れをそれに負わせ、海や川に流す風習であった。これを飾って遊んだりする風習が生じ、ひな人形になり、ひな祭になったのだ。ひな祭の起源は、流しびなである。

アザゼルのやぎ

こうした日本の風習は、旧約聖書にある思想とまったく同じである。とりわけ旧約聖書レビ記に書かれてある「アザゼルのやぎ」の風習によく似ている。アザゼルのやぎとは、イスラエルの大祭司が神殿において行った儀式であった。やぎの頭に手を置いて祈り、そのやぎにイスラエルの人々の罪を移す。つぎに、やぎを荒野に連れていき、やぎが地平線のかなたに消えていくのを見届けた。

罪の身代わり

このやぎは一種の身代わりなのだ。このとき、やぎと共に民の罪も見えないところに運び込まれ、神ももはや私たちの罪をご覧にならないと感謝したのである。そういう儀式を毎年行なった(旧約聖書レビ記16章)。

タシュリック

現在は、ユダヤ人は神殿を持たないので、この「アザゼルのやぎ」の風習は持たないが、その代わり、「タシュリック」等の風習を持っている。タシュリックでは、ユダヤ暦第7月の1日に、各自が手に小石を一つずつ持って、池や川や海へ行く。その間、小石の温度と手の温度が同じになるまで握りしめている。そして水のあるところに来ると、リーダーは皆にこう言う。「では、みなさんの心にある苦い思い、いやな思い、人には言いたくない罪など全部、思い出して下さい。そうして、それらを2つの小石に託して、小石と共に、なるべく遠く深いところに投げ込みましょう。聖書にこう書かれています。『もう一度、私たちをあわれみ、私たちの咎を踏みつけて、すべての罪を海の深みに投げ入れて下さい』(旧約聖書ミカ書7章19節)。私たちも、象徴的にこの小石を投げ入れることによって、この祈りを神様に届けたいと思います」。このように言って、小石に罪を託し、罪を遠くに追いやるということをする。この小石も身代わりである。・・・

古代ユダヤ教と日本神道

このようにタシュリックといい、アザゼルのやぎといい、日本の大祓いといい、流しびなといい、みな基本的に同じ考えに基づいている。これほどに、古代ユダヤ教と日本神道はよく似ているのだ。これほど似ている宗教が、ほかに世界にあるだろうか。(久保有政氏の解説からの引用は次回に続きます。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は、古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の経典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 創世記 39章1~6節

さてヨセフは連れられてエジプトに下ったが、パロの役人で侍衛長であったエジプトびとポテパルは、彼をそこに連れ下ったイシマエルびとらの手から買い取った。主がヨセフと共におられたので、彼は幸運な者となり、その主人エジプトびとの家におった。

その主人は主が彼とともにおられることと、主が彼の手のすることをすべて栄えさせられるのを見た。そこで、ヨセフは彼の前に恵みを得、そのそば近く仕えた。彼はヨセフに家をつかさどらせ、持ち物をみな彼の手にゆだねた。

彼がヨセフに家とすべての持ち物をつかさどらせた時から、主はヨセフのゆえにそのエジプトびとの家を恵まれたので、主の恵みは彼の家と畑とにあるすべての持ち物に及んだ。そこで彼は持ち物をみなヨセフの手にゆだねて、自分が食べる物のほかは、何をも顧みなかった。

主がヨセフとともにおられた

ヨセフは神を中心にして生きる者だったのでしょう。主なる神はヨセフとともにおられたと記されています。それゆえにヨセフは幸運な者となり、やることなすこと、すべて祝福されました。エジプト人の主人はそれを見逃さなかったようです。神を知っていたかどうかは分かりませんが、ヨセフのやることは祝福されることは分かったようです。自己中心、人間中心を退け、神に立ち返り、神を中心にして生きる者が、この地上にどんな祝福をもたらすことになることか思わされます。彼自身も幸運な者ですが、その恵みは彼だけにとどまらないことが分かります。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

動画配信もしています

YouTubeで動画配信もしています。「古代史に見る日本人とユダヤ人の不思議な関係」全9回の予定です。すでに第4回「伊勢神宮に隠された謎!京都太秦と秦氏!」まで配信しました。ぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もお願いいたします。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA