【日本とイスラエル】沖縄のアダムとイブ

沖縄の海

日本と古代イスラエル/古代ユダヤの類似について、久保有政氏のYouTube動画解説「日本のルーツとユダヤ3・日本にもあったエデンの園伝説/中近東にもあった「ヤマト」」からご紹介いたします。

アダムとイブ

沖縄の始祖以来の流れを汲むミントン家(ミントン城をつくった)では、先祖は「イブ」という女神を祀る祭壇をもった、という話もある。この「イブ」とは、エバのことだろうか?さらに、沖縄版アダムとエバ伝説の地・古宇利島の近くには、「アダ」(安田)と、「イブ」という地名もある。恩納(おんな)村に「いんぶビーチ」というのがあり、年配の方はこの「いんぶ」を「イブ」という。

土に帰る

沖縄ではさらに、「人は死んで土に帰る」ということもよく言われる。これも、神がアダムとエバに語った言葉と同じである。聖書には、「あなたは土だから土に帰る」(旧約聖書創世記3章19節)と書かれている。

アダマーの神

この「土」は、原語のヘブル語で「アダマー」である。アダマー(土)から造られたから、最初の人を「アダム」と言うわけだ。・・・そして興味深いことに沖縄の人は、人が亡くなって土に帰ろうというときに、「アダマーの神よ」と呼びかけて祈る。

「アダマーの神にお願いします。○○が亡くなりました。どうぞお願いします。骨は朽ちることなく、時が来るまで神の守りの中に置いて下さり、肉は肉開かせて土に返してください。人の霊は、天の国の親加那志(うやがなし 宇宙の創造者なる絶対神。加那志は様の意味)が清めて下さり、受け取ってください。天の神々へこの世の者たちからのお願いは、○○が生前、神を畏れない行為や罪があったなら、どうぞ私たちにその罪科は負わせないで下さい」

というような祈りである。このアダマーは、アダムのことであろう。古代イスラエル人は神に祈るとき、「アブラハムの神よ」「イサク、ヤコブの神よ」などと呼びかけて祈ったが、「アダムの神よ」と呼びかけてもよい。神は、アダムの神でもある。そして、この沖縄の祈りは、内容も古代イスラエル人的な祈りだ。

大洪水の伝説

そのほか沖縄には、聖書の創世記に記された「ノアの大洪水」に似た話も伝わっている。沖縄の波照間島(はてるまじま)の神話によれば、世の始まりのとき、兄姉のふたりがミシクの洞窟に隠れ、油雨の大洪水に耐えて生き延びたという。島というのは、ふつう「大洪水」のほとんどない所である。それでもこうした大洪水の話が神話の形で残ったのは、若干細部が変わりながらも、先祖が経験した出来事の記憶が子孫に言い伝えられてきたから、とみてよい。(久保有政氏の解説からの引用は次回に続きます。)

聖書を読みましょう

それでは今日も聖書の続きを読みましょう。聖書は、古代イスラエル系渡来人によってもたらされた日本の文化、伝統、習慣、信仰、国民性のルーツです。キリスト教の経典としてではなく、日本の原点を知るために聖書を読んでみてください。

旧約聖書 出エジプト記 1章1~7節

さて、ヤコブと共に、おのおのその家族を伴って、エジプトへ行ったイスラエルの子らの名は次のとおりである。すなわちルベン、シメオン、レビ、イッサカル、ゼブルン、ベニヤミン、ダン、ナフタリ、ガド、アセルであった。ヤコブの腰から出たものは、合わせて七十人。ヨセフはすでにエジプトにいた。

そして、ヨセフは死に、兄弟たちも、その時代の人々もみな死んだ。けれどもイスラエルの子孫は多くの子を生み、ますますふえ、はなはだ強くなって、国に満ちるようになった。

イスラエルの歴史

ヤコブとその子らの世代はこの地上を去り、時代はさらにその子らの時代になっていきます。これはイスラエルの歴史です。第三世代は、まだカナンで生まれた者もありましたから、幼い頃のカナンの記憶もあったかもしれません。しかし、今の生活の場所はエジプトであり、そこでイスラエル民族は増え、強くなり、エジプトに満ちるように、つまり、エジプトの地で繁栄していった様子が記されています。

いかがでしたか

参考になりましたら「いいね!」でお知らせください。また、シェアのご協力もよろしくお願いします。今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました。

動画配信もしています

YouTubeで動画配信もしています。「古代史に見る日本人とユダヤ人の不思議な関係」全9回の予定です。第8回「沖縄本島・宮古島に残るユダヤ文化」まで配信しました。ぜひご覧ください。チャンネル登録、高評価もお願いいたします。

本をお求めください
本の表紙

Amazonから「日本人の信仰が世界を救う—元キリスト教牧師が語る神の国ニッポン」を出版しています。電子版は100円。文庫版は2,182円。日本人の高い国民性のルーツは聖書にあること、イエスの教えはキリスト教よりむしろ「日本人の信仰」の中に引き継がれていることが分かります。ぜひ、読んでみてください。詳しくは書籍情報をご覧ください。

目次
一章 世界から称賛される日本人の国民性
二章 日本人の宗教観
三章 古代日本にやって来たユダヤ系渡来人の影響
四章 日本人の信仰
五章 「人生の目的」
六章 「人間関係」
七章 「子供の教育」
八章 「恋愛・結婚」

「日本人の幸せ」(電子版100円)をお買い求めください!

Amazonから「日本人の幸せ—古代ユダヤ人がもたらしたイエスの教え」(196ページ)が販売されました。一人でも多くの方に読んでいただけるように、電子版の価格を100円といたしました。(文庫版も好評発売中。詳しくはAmazonのサイトでご確認ください。)レビューのご協力もよろしくお願いします。

目次
第一章 学園の日常
第二章 イエスの教え
第三章 神と共に生きる
第四章 私が得たもの
第五章 古代ユダヤ人によって日本にもたらされた信仰
第六章 日本人の幸せ
第七章 日本の危機
第八章 求められているもの
第九章 信じるということ
第十章 宗教ではない
第十一章 日本人の宗教観
第十二章 現実逃避なのか
第十三章 神と共に生きる

詳しくは書籍情報をご覧ください。

投稿者: 吉村 忠敏

全ての問題の原因は人間中心、自己中心です。人間中心、自己中心を退けて、神に立ち帰って正しく生きるなら、どんな問題も解決します。しかし、人は生まれながらに人間中心、自己中心であり、そのことに気づいていないことも多々あります。だから毎日神に祈り、聖書を読むことをお勧めします。それは必ずしもキリスト教徒になることではありません。神を中心とした正しい生き方は本当の日本人の心を取り戻すことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA